ただいま寄り道中

カチン・ミッチーナの備忘録

ミッチーナ訪問前に知っておきたい基本情報(2017年4月現在)

こんにちは、おこめです!いよいよ半年間のミッチーナ生活も終わりに近づいています。帰国前にこれからミッチーナに行ってみたい!という人に向けて基本的な情報を纏めてみました!
 
注意!以下の情報はすべて’16年10月~’17年4月のものです。ミャンマー全体に言えることですが、発展真っ只中で目まぐるしく状況が変化しているので1年前の情報(特に物価など)もあてにならないことがあります。あくまで参考程度にご活用下さい。
 

ミッチーナへのアクセス

ミャンマー国外からミッチーナへのアクセス

ミッチーナに行くにはまずヤンゴンあるいはマンダレーで入国し、国内線に乗り継ぐ必要があります。ミャンマーへの入国については、数多のブログが丁寧に紹介していると思うのでここでは割愛。とにかく査証(ビザ)さえ取り忘れなければなんとかなります。観光ビザはビザオンアライバルが出来ないので、E-Visaあるいは在外ミャンマー大使館で事前に申請しておく必要があります。E-Visaについては以下の日本人の方のブログ記事を参考にしました。
 
ミャンマーのビザ種類ありすぎてどれをとればいいのか?という人もいるかと思いますが、基本的には観光(Tourist)、商用(Business)、乗継(Transit)の三種類でカバーできるのではないかと。ひとまず観光ビザを取っておけばいいと思います。
 

ミャンマー国内からミッチーナへのアクセス

ミッチーナにくる方法は飛行機、鉄道、バスの三種類です。飛行機は空港にイミグレーションがあります。バス・鉄道は、駅近くにあるイミグレーションがあるのでそこで申し出る必要があると思われます。ただ、私は利用したことがないので詳細は不明。
 
おススメは断トツで飛行機。ミャンマー国内線は割高ですが、何しろ早いしラクチン。

 

飛行機

 
ヤンゴンから:エアマンダレー、エアカンボウザ(KBZ)、ヤンゴンエアウェイズ、ゴールデンミャンマー
おススメはエアマンダレーかKBZ。エアマンダレーは何しろ早い!1時間ちょいでミッチーナにつく。難点は朝8時台とやや早い時間帯の便であること。エアカンボウザはマンダレー経由のため3時間弱ほどかかるが、昼過ぎの便があるため余裕があります。日本からウェブ予約もできるため、ひとまず行きの便だけでも日本でとっておくのが安心かと思います。(価格120~150ドル)

 

okome2016.hatenablog.com

 

マンダレーから:KBZ等。マンダレーからは1時間ほど。ほとんどがヤンゴンからミッチーナへの経由地としてマンダレーに降りるため時間が前後しやすいです。ちなみにKBZはヤンゴンではチケットに座席が記載されていてそこに座らなけらばなりませんが、マンダレーからだと空いているところに座る自由席状態となります。不思議。

 
バス
 
長距離バスがヤンゴンマンダレーから出ています。後述する鉄道よりはマシですが、それでも時間と体力が必要です。また雨季は道路事情が悪く、所有時間がかなり伸びる可能性があります。
 
ヤンゴンから:24時間ほど。筆者自身は利用したことがないため割愛。
マンダレーから:18時間ほど。4列シート。冷房がよく効いているため寒い。(価格:20000Ks~)
鉄道
 
マンダレーから:24時間ほど。価格はグレードによって異なるもののバスよりもややお得。
乗車経験のある方々に聞くと、「線路が爆撃されたかのような振動」「車体が宙に飛ぶ」「二度くらい死んだと思った」「見本販売員が色々な商品を売り込みにくる」「荷物を盗まれた」等々、スリリングでユニークな体験談を聞かせくれます。一方で、ミャンマーの普通の人の普通の日常が垣間見えるためはまる人ははまる模様。安全面的に、男性でかつ複数人で乗るのであればアリかもしれまんが、女性一人は避けた方がいいかも。
 

気候と服装(10月から4月まで)

東南アジアと舐めてかかるなかれ。ミッチーナは12月から1月にかけてかなり冷え込みます!体調管理にご注意を。
 
10月~11月:日中は動けば汗ばむ陽気。朝晩はぐっと冷え込むのでジャンパーなどの上着を持っていくのがおススメ
 
12月~2月初旬:日中でも寒さを感じるため長袖を。日が落ちるとかなり寒い。とくに朝はかなり冷え込みます。暖房などの設備が乏しいためダウンジャケットが一枚あるのが望ましいですバイタクで移動する場合は日中でもダウン羽織ったほうがいいかもしれません。
 
2月~3月中旬:日中は長袖シャツ1枚でも問題ない。ただし、雨天の場合は上着が必要。朝晩は気温が下がるが長袖長ズボンなら問題なし。
 
3月下旬~4月末:日中は汗ばむ陽気。半そでで過ごして、必要ならば薄手のシャツを羽織るくらいでもいい。朝晩は涼しく過ごしやすい。
 
雨季については、暑季ほどは暑くないそうですが、湿っぽく不快指数は高いそう。蚊が大量発生するらしいのでそこも注意してください。

 

両替と物価

両替可能な紙幣とATM

2017年4月現在、ミッチーナ空港に両替所はありません。
ミッチーナの銀行では米ドルでの両替が可能。両替時はパスポートを提示すること。両替は小額紙幣(1、5、10)よりも高額紙幣(20、50、100)のほうが僅かながらレートがいいです。KBZ銀行ではユーロ及びシンガポールドルの取り扱いがありました。日本円は未確認ながらおそらく不可能。
ATMはどの銀行にもあり、クレジットカード(Plusマーク)での引き出しが可能。手数料は5000Ks~7000Ks。
宿泊施設などを除いてドルでの支払いはできないと思っておいた方がいいです。
 

物価

ホテルの価格帯は12ドル~40ドル。
食事はカオスエなどは500Ks~。カチン料理などをしっかり食べようと思うと10000Ks~。
バイタクなどは要交渉ながら半日ほど貸し切りで15000Ks~前後かと。
 
その他
ミネラルウォーター:300Ks
ポケットティッシュ:100Ks
ロンジー:5000Ks~
 

その他

通信事情

MPT、Telenor、ooredoo主要3社とも市内での通話に問題はありません。モバイルネットもooredoo>Telenor>MPTの順で早いという感じ。
時々、数時間ほど全く電波をとらえられないときもあるんですが、その場合は別キャリアならつながることもありますし、時々オールキャリア全滅もあります。こればかりは諦めて難しく考えないのがベター。
詳しくは以下記事参照。
ホテルにWifiがある場合も増えているが、フロント周辺のみなど繋がりづらい模様。
 
 

宿泊

ミャンマーは外国人が宿泊できる施設が決まっています。お友達の家に泊まろうとか、ミャンマー人のみの安いホテルに泊まりたい!とかは政府の許可が必要で難しいかと思います。おとなしくホテルに泊まりましょう。
 
宿泊先としては、ミッチーナ駅とマーケットがある中心部が何かと便利です。
YMCAが立地もよくリーズナブルなので節約したい人にはおススメ。ただし、水シャワーしかないとのことで冬はつらいかも。
 
ちなみに隣にオリエントという日本料理を出しているお店があり、オーナーは日本語が達者らしいです。
他老舗のPtatsun Hotel、出来立てのHotel United などもYMCA周辺にあります。よりマーケットに近いところでは、Golden Powerなど中華系移民のホテルが最近続々登場していて、外国人も多く宿泊している模様。
 
空港近くにはよりリゾート感のあるホテルもありますが、市街地からやや距離があり移動がしづらいので紹介は割愛します。
 

電力事情

停電は基本的にはありません。地区によっては昼間に1時間前後停電することもありますが、外国人の泊まれる宿泊施設がある地域では心配いらないと思います。ただし一本路地を入ると街灯がない、あっても電気がついていないので懐中電灯かスマートフォンのライトが必要になるでしょう。
 

滞在時の心得

  • トイレはミャンマー全体と同様、水でお尻を注ぐタイプ。慣れるまでしんどいと思うので、常時トイレットペーパーを持ち歩くのがいいです。
  • 日焼け止めや虫よけスプレーは持って行った方が安心です。とくに、10月までと4月からの雨季は蚊が発生する時期になります。ミッチーナ市内は問題ないですが、郊外のほうに行く場合はマラリアなどもあるらしいので、用心するに越したことはありません。
  • お店や、駅、マーケットなどに無料で飲める飲料水が置いてあったりしますが、飲料水といいつも衛生的にはアレなものも多いのでペットボトルを飼って飲むのが無難です。
  • 言語はビルマ語がマーケットなど公共の場では用いられています。カチン人はジンポー語など独自の言語を持っていますが、皆さんビルマ語を話せます。英語については、若年層は比較的通じますが、市場などのおばちゃんにはビルマ語しか伝わらない可能性が高いです。
 

ミッチーナ到着

空港到着時の留意点

空港到着時には必ずイミグレーションカウンターにいって申請すること。基本的にはパスポートを見せれば相手が必要な事項を書き取ってくれます。
唯一、相手から質問が飛んでくるのがミッチーナでどこに滞在するのかという宿泊先情報です。予約している人はそのホテル名、予約してない人はとりあえずYMCAと言っておきましょう。
 

空港から市内中心部(駅付近)までのアクセス

タクシー(4000KS~)など。空港内部にも現地の旅行会社のカウンターがあり相談すれば目的地までのタクシーを呼んでくれるようです。また空港を一歩出ると多くのドライバーが呼び込みを行っています。人によってはおススメホテルとかを紹介して連れて行こうとするらしく、やや注意が必要。
場合によってはホテルに送迎を頼むのもありかと思います。
 

ミッチーナを観光しよう

移動手段

市内

徒歩、バイタク、リキシャ(トゥクトゥク)、自転車タクシーなどがあります。値段は要交渉。リキシャは半日くらい貸切って15,000Ks~。ちなみに食事や観光でドライバーを1、2時間待たせても大丈夫です。彼らは日本人の数倍待つことになれてます。

 
ミッソンなど郊外
車で行った場合は所有1時間ほど。ホテルフロントか、あらかじめ現地旅行会社に頼むのが無難。リキシャ、バイタクでいくと時間がかかる&お尻が痛くなります(笑)

 

okome2016.hatenablog.com

okome2016.hatenablog.com

 

食事など

マーケット周辺には飲食可能な屋台もあります。衛生的にやや不安を残すとはいえ、お腹を壊すのはある意味通過儀礼です。チャレンジしてみるといいと思います!
 
駅周辺にはちょっと洒落たカフェや北インド料理などバラエティ豊かな食事処がそろっています。カチン料理が食べたい方は、マナウパーク近くの川沿いにカチン料理のお店があります。
もし、食事が合わない!という場合は、LuckyBakeryというパン屋さんのパンが日本の菓子パンみたいでおススメです。本店以外にも街中の店で取り扱っているのですぐ手に入ります。
 
その他おススメの食事処等の詳細は以下の記事を参照ください。
 

ミッチーナ全般の注意点

 治安は比較的落ち着いてます。ただし、当たり前のことながら夜遅くは出歩かないほうがいいと思います。人通りの少ない道や暗い道も要注意。
 
カチン州の一部地域はいまだに紛争地です。市内にいる分には全く問題ありませんが、郊外に行く場合には念のためホテルのフロントなどで情報収集をしておくのがいいでしょう。
 
ミッチーナでは運転免許を持たずバイクや車を運転している人が大半です。また若い男性を中心に飲酒運転が当たり前のように行われています。交通安全には十分に気を付けてください。
 
カチン人が経営しているお店は日曜定休が多いです。(カチン人の多くがキリスト教徒であるため)。ビルマ人をはじめとした仏教徒の経営しているお店は、ビルマ暦の祝日によって定休日が決まります。中国系のお店は春節(旧暦の正月)以外はずっと営業している感じです。
 
 

ミッチーナ出発

空路で帰る場合はミッチーナ空港で、いつミッチーナに着いたのかを聞かれます。ミッチーナ到着時にイミグレーションの方が記録した情報と照会して外国人のミッチーナへの出入りを管理している模様。
ここで疑問なのが、空路以外の方法でミッチーナに来て、帰りだけ空路を使う人の場合。これは照会できない気がするので(だって手書きのノートで照会してるんだものw)、往復とも空路が一番良い方法だと思います。
 

ミッチーナからいけるカチン州の町々

Putao(プーターオ)

ミッチーナから飛行機で30分ほど。ミャンマー最北の町であり、美しい自然が名高い。

インドージー湖

ミッチーナからバス或いは鉄道で3時間ほど。カチン州最大の湖。
 

 

以上、私が知っているミッチーナの今の情報を列挙してみました。その他気になること、知りたいことありましたら、ブログコメント欄かTwitter(リブライ、DM)で気軽にお聞きください!分かる範囲でお答えします!
 
 
番外

ミッチーナ訪問前に読んでおくと、ちょっとだけ旅が楽しくなる(かもしれない)書籍について以下の記事で紹介しています。とりあえず、吉田敏弘『森の回廊』を読んでおくとだけでも目に映る景色がまた違って見えるかも。  

okome2016.hatenablog.com

 

 

ミャンマー最北の町・Putao(プーターオ)に行ってきた!

昨日まで5日間ほど、ミャンマー最北の町・Putaoへ行ってきました。
結論からいって、Putaoは素晴らしいところだけれども、外国人旅行者が行くには諸々お金もかかるし面倒なところかもしれません。
しかし、その美しさ、雄大さ、魅力は実際に訪れなければ、半分も伝わらないだろうなとも思いました。
今回は、そんなPutaoの行き方・物価・見どころなどをご紹介したいと思います。
 
Putaoへの入境について
 
Putao市内であれば外国人は許可なしで入ることが認められています。
ただ、「市内」というのがどこまでなのか?というのが曖昧で、旅行者にはなかなか判断しづらい部分です。
基本的には、ミッチーナあたりで現地の旅行会社にツアーを組んでもらって訪れるのが最も確実で安心な方法だと思います。
そもそも市中心部にはあまり見どころという見どころがないので、郊外へ出て自然を楽しみましょう。
 
Putaoへのアクセス
 
Putaoへのアクセスは空路一択です。その他の交通機関は危険なため、現地の方も空路でしか訪れないと言っていました。
 
ミッチーナからはゴールデンミャンマー航空とミャンマー航空が飛んでいます。所要時間は30分程度、片道は80USD(2017年4月現在)
ヤンゴンからであれば、ゴールデンミャンマー航空が週に何便か飛んでいるそうです。詳細は直接旅行会社に確認するのがお勧めです。
 
Putao空港から市内へのアクセス

f:id:okome2016:20170413200618j:plain

Putaoにつくと、ミッチーナ同様外国人は必ずイミグレーションで申請の必要があります。このイミグレの場所が分かりづらく、出発ホール(Departure hall)にしかないので要注意です。
ミッチーナ同様、イミグレの際にはホテル名を伝える必要があります。ホテル名を伝えると、空港職員の方が外で待っているホテルの方と引き合わせてくれるので楽といえば楽です。ただ、ホテルの送迎車にのっていく必要があるので、送迎費がいくらになるのかは聞いてみましょう。あとから紹介する私が宿泊したホステルは空港までの往復で2人10000Ksとかなり高い値段でした。空港から市内までは10分足らずなので、値段は要交渉かと思います。
 
Putao市内のHostel

f:id:okome2016:20170413201051j:plain

大前提としてPutaoは物価が高いです。外国人バックパッカーが気安くいけるようなところではありません。
Putaoでも良心的値段設定といわれるKham Su Ko Hostelでも、風呂トイレ付きのツインルームが”一人当たり”$35です。この一人当たりというのが、どうにも納得できないのですが、一緒に行ったミャンマー人の友達に交渉してもらってもどうやらそういうシステムで運営されているらしく…。
節約したいということであれば、風呂トイレ共同や、ダブルルームなどほかのタイプの部屋もあるので予算を伝え、交渉してみるのがいいと思います。
 
値段以外の部分では、部屋も清潔でお湯も使えて、オーナーもしっかりした方でしたので良いホステルだったと思います。併設されているレストランの食事もやや高めですが美味しかったですしね。ただしWifiやエアコンはありません。
 
Kham Su Koの連絡先は以下の通りです。基本的によほどの大人数でないかぎり予約しなくても宿泊可能だと思います。
 
オーナー直通:09452530736
 
その他、マリカホテル、Putaoホテル、トレッキングホテルなどありますが、どこもかなりお高めな高級感あふれるホテルです。
 
Putaoの通信事情
 
Putaoでは、MPT・Telenorは電話のみ利用可、ooredooは3G回線が使用できます。(ただし速度は非常に遅いです)。
可能であれば、MPTとooredooのSIMを2枚持って行って使うのが確実かと思います。
 
Putaoの見どころ
 
基本的には外国人が許可なしでいけるところは、農村の風景を眺めるとか、川に降りてみるとか、遠くの雪山をみるとかそのくらいの楽しみでしょうか。
それはそれでいいのですが、せっかくPutaoまで来たのであれば、許可をとってマリ川の川下りやトレッキングをするのがいいかと思います。
 
Putao訪問時の注意点
 
①ドル・ミャンマーチャットは多めに持っていく。両替可能な銀行やクレジットカードを使用できる場所はない(2017年4月現在)
②物価は高め。とくに、バイタクやトゥクトゥクなど移動費は非常に高い。
③訪問時期は4月だったので、日中はかなり暑いのだが、朝晩はやや冷え込む。体調などには留意。
 
 
以下は今回の旅で私が訪れた場所です。いずれも許可が必要な地域になるかと思います。
 
Leng Sha Yang

f:id:okome2016:20170413201143j:plain

f:id:okome2016:20170413201154j:plain

Putao市内から車で1時間ほど。
カチン人の聖地である、Ndawng Bun(ンドォン山)を見ることが出来ます。静かな農村です。
 
Machanbaw

f:id:okome2016:20170413201223j:plain

市内からバイクで40分ほど。川にかかる橋とラウワン人の人々の村が織りなす景色が美しいです。
また、道中の山々に囲まれた大草原も行きを飲む美しさです。
 
Nat Jawng

f:id:okome2016:20170413201555j:plain

Machanbawからバイクで道なき道を1時間ほど進み、小舟に乗り換えて訪れてやっと訪れるができるのがこちら。

f:id:okome2016:20170413201409j:plain

中州に特徴的な形の石が並び、自然の造形の素晴らしに感動します。水も冷たく澄んでいます。ちなみにビルマ政府が勝手に立てパゴダはカチン人には大不評。

f:id:okome2016:20170413201304j:plain

 
その他の村など

f:id:okome2016:20170413201431j:plain

密林が覆い被さる山々と、川が織りなす景色の雄大さは写真では全く伝えることができません。

f:id:okome2016:20170413201512j:plain

Putaoから2マイルほどの郊外の村。まっすぐに降り注ぐ強い日差しを屋内でやり過ごしながら、どこからか聞こえてくる讃美歌に耳を澄ましたとき、本当に幸せな気分になりました。クリスチャンではないのですが、神様に祝福された土地があるとしたらここもそうなんじゃないかと。
 
 
Putaoは人と自然が織りなす景色がまるで絵のように美しかったです。残念ながら、写真ではその素晴らしさがまったく伝えられていません…。
私は、絶景と呼ばれる場所には2つあると思っていて、一つは実際にみるよりも写真で見たほうが美しく感じられる場所。もう一つは、写真ではその魅力を完全に伝えることが出来ない場所。Putaoは間違な後者です。
目で見るだけでなく、鳥のさえずりや川の音、木々のこすれる音を聞き、澄んだ空気が運ぶ森の匂いを嗅ぎ、肌で風と日差しを感じて始めてその魅力がわかる、そんな場所がPutaoです。
 
自然を愛する方や都会の喧騒につかれた方、またはパゴダや濁流の運河にやや飽きつつあるミャンマーフリークの皆さは、ぜひ一度訪れてみてください!

ヤンゴン滞在中におとずれたい食事処6選 —場所・値段・おススメの一品など—

3月中旬に、ビザの延長のため2,3日ヤンゴンに滞在してきました!ミャンマーにきてはや5か月目を迎えようとしている私ですが、実はいまだにヤンゴンはトランジットでしか訪れたことがなく…。ミッチーナとの違いをかみしめつつ、食べて観光してと大いに楽しんできました!
 
さてそんなヤンゴン滞在に先立ち、某ビルマ関連の研究をされている方にヤンゴンのおすすめ食事処を教えてください!というお願いをしたところ…なんと何件かおススメ店を教えていただきました!今回はその中で訪れた6店をご紹介します。何処も言って損はない美味しいお店です!
 
 
まずは朝食におすすめの、モヒンガー屋さん
 

①Bogale Daw Nyo:モヒンガー屋さん

f:id:okome2016:20170405153457j:plain

700Ks
ビルマ語のみの看板のため、若干わかりづらいのと店員さに英語が通じないのが難点。モヒンガーはくせがなくあっさりしていて美味しかった!卵つきをお勧めします。
 
ADDRESS:        No.146, Seikkantha Rd. Kyauktada, Yangon.
グーグルマップには載っていないお店だったので近くのkafeで示しました。このkafeが144番ですので、ここから少し北上すると見つけられると思います。
 
 

②999 Shan Noodle Shop :シャンカオスエ屋さん

f:id:okome2016:20170405153911j:plain

 
1500Ks+5%Tax
安定と信頼のシャンカオスエを…ということでこちらに。スーレパゴダからすぐのところにあり、外国人が多い印象。シャンヌードルにしてはやや脂っこく感じられたけど、味は美味しい!汁ありにすればよかったかな~~。ビルマ人受けするように作られている?でもやっぱり朝ご飯にいい感じですね。
 
ADDRESS:        130b, 34th St, Yangon.
 
 

③YKKO: チェーオー(ライスヌードルスープ)屋さん

f:id:okome2016:20170405153519j:plain

チェーオー3800Ks+5%Tax
あっさりしたスープに軟らかい鶏肉が美味しい。きしめんみたいな麺ももちもちしていて、食べごたえありました!夕ご飯にしてもいいかも。ただコスパはいまいちかな?
 
ADDRESS:        286 Seikkantha Street, Yangon.
 
 
個人的に今回の滞在で一番気に入ったお店はこちらの南インド料理店。

④Ingyin Nwe South Indian Food Centre: 南インド料理

f:id:okome2016:20170405153543j:plain

 
ドーサ(チキン)3000Ks+ミルクティー400Ks
ドーサ(マサラ)1900Ks
ヤンゴン滞在の数日間で3回も行ってしまった!はじめてドーサを食べたけれど、やや塩分がきいていてぺろっといけちゃいました!美味しい!スーレパゴダからすぐの立地、値段の手ごろさどこをとってもコスパ最高です。
 

f:id:okome2016:20170405153605j:plain

f:id:okome2016:20170405154359j:plain

 
メニューも英語表記、写真付きで値段も書かれていて、かつ税込みのようなので支払い時も安心です。
 
ADDRESS:        No.232, Anawrahta Rd. & Bo Sun Pet St., Pabedan Twp., Yangon.
 
 
せっかくヤンゴンに来たのであればビルマ料理もしっかり食べておきましょう!
 

⑤Danubyu Daw Saw Yi:ビルマ料理

f:id:okome2016:20170405153644j:plain

 

値段は忘れてしまったけれどチキンカリーと茄子カリーとミネラルウォーターをつけて5000Ksくらい?だったかな。
今まで食べたビルマ料理の中で一番おいしかった。普通に美味い、私の舌にぴったり合う美味しさでした!場所は大通りから一本入ったところだけれど、わかりやすいと思います。
 
ADDRESS:        No.177/175, 29th St., Pabedan Twp., Yangon.
 

⑥めんや鯉昇:つけ麺、ラーメン、寿司

 
f:id:okome2016:20170405153743j:plainつけ麺6800Ks+替え玉800Ks+ビール1900Ks(+5%Tax)麺は太麺でこってりした煮干しだしのつけダレにつけて食べて美味しくないわけがない!ついつい替え玉を頼んでお腹いっぱい食べちゃいました。ちょっと迷って汗をかいて入ったので、ミャンマービール1900Ksが美味しくておいしくて…!水みたいにあっさりした味わいは好みがわかれるかもしれませんが、ごくごく飲めて美味しいです! ADDRESS:        Maha Bandula Park St, Yangon. 
   
 
ぜひぜひヤンゴンで思いっきり食べて楽しんでください!私は2日間ほどで、一目で太った?と聞かれるレベルに肥えましたが後悔はしていません(笑)