ただいま寄り道中

カチン・ミッチーナの備忘録

ミャンマー最北の町・Putao(プーターオ)に行ってきた!

昨日まで5日間ほど、ミャンマー最北の町・Putaoへ行ってきました。
結論からいって、Putaoは素晴らしいところだけれども、外国人旅行者が行くには諸々お金もかかるし面倒なところかもしれません。
しかし、その美しさ、雄大さ、魅力は実際に訪れなければ、半分も伝わらないだろうなとも思いました。
今回は、そんなPutaoの行き方・物価・見どころなどをご紹介したいと思います。
 
Putaoへの入境について
 
Putao市内であれば外国人は許可なしで入ることが認められています。
ただ、「市内」というのがどこまでなのか?というのが曖昧で、旅行者にはなかなか判断しづらい部分です。
基本的には、ミッチーナあたりで現地の旅行会社にツアーを組んでもらって訪れるのが最も確実で安心な方法だと思います。
そもそも市中心部にはあまり見どころという見どころがないので、郊外へ出て自然を楽しみましょう。
 
Putaoへのアクセス
 
Putaoへのアクセスは空路一択です。その他の交通機関は危険なため、現地の方も空路でしか訪れないと言っていました。
 
ミッチーナからはゴールデンミャンマー航空とミャンマー航空が飛んでいます。所要時間は30分程度、片道は80USD(2017年4月現在)
ヤンゴンからであれば、ゴールデンミャンマー航空が週に何便か飛んでいるそうです。詳細は直接旅行会社に確認するのがお勧めです。
 
Putao空港から市内へのアクセス

f:id:okome2016:20170413200618j:plain

Putaoにつくと、ミッチーナ同様外国人は必ずイミグレーションで申請の必要があります。このイミグレの場所が分かりづらく、出発ホール(Departure hall)にしかないので要注意です。
ミッチーナ同様、イミグレの際にはホテル名を伝える必要があります。ホテル名を伝えると、空港職員の方が外で待っているホテルの方と引き合わせてくれるので楽といえば楽です。ただ、ホテルの送迎車にのっていく必要があるので、送迎費がいくらになるのかは聞いてみましょう。あとから紹介する私が宿泊したホステルは空港までの往復で2人10000Ksとかなり高い値段でした。空港から市内までは10分足らずなので、値段は要交渉かと思います。
 
Putao市内のHostel

f:id:okome2016:20170413201051j:plain

大前提としてPutaoは物価が高いです。外国人バックパッカーが気安くいけるようなところではありません。
Putaoでも良心的値段設定といわれるKham Su Ko Hostelでも、風呂トイレ付きのツインルームが”一人当たり”$35です。この一人当たりというのが、どうにも納得できないのですが、一緒に行ったミャンマー人の友達に交渉してもらってもどうやらそういうシステムで運営されているらしく…。
節約したいということであれば、風呂トイレ共同や、ダブルルームなどほかのタイプの部屋もあるので予算を伝え、交渉してみるのがいいと思います。
 
値段以外の部分では、部屋も清潔でお湯も使えて、オーナーもしっかりした方でしたので良いホステルだったと思います。併設されているレストランの食事もやや高めですが美味しかったですしね。ただしWifiやエアコンはありません。
 
Kham Su Koの連絡先は以下の通りです。基本的によほどの大人数でないかぎり予約しなくても宿泊可能だと思います。
 
オーナー直通:09452530736
 
その他、マリカホテル、Putaoホテル、トレッキングホテルなどありますが、どこもかなりお高めな高級感あふれるホテルです。
 
Putaoの通信事情
 
Putaoでは、MPT・Telenorは電話のみ利用可、ooredooは3G回線が使用できます。(ただし速度は非常に遅いです)。
可能であれば、MPTとooredooのSIMを2枚持って行って使うのが確実かと思います。
 
Putaoの見どころ
 
基本的には外国人が許可なしでいけるところは、農村の風景を眺めるとか、川に降りてみるとか、遠くの雪山をみるとかそのくらいの楽しみでしょうか。
それはそれでいいのですが、せっかくPutaoまで来たのであれば、許可をとってマリ川の川下りやトレッキングをするのがいいかと思います。
 
Putao訪問時の注意点
 
①ドル・ミャンマーチャットは多めに持っていく。両替可能な銀行やクレジットカードを使用できる場所はない(2017年4月現在)
②物価は高め。とくに、バイタクやトゥクトゥクなど移動費は非常に高い。
③訪問時期は4月だったので、日中はかなり暑いのだが、朝晩はやや冷え込む。体調などには留意。
 
 
以下は今回の旅で私が訪れた場所です。いずれも許可が必要な地域になるかと思います。
 
Leng Sha Yang

f:id:okome2016:20170413201143j:plain

f:id:okome2016:20170413201154j:plain

Putao市内から車で1時間ほど。
カチン人の聖地である、Ndawng Bun(ンドォン山)を見ることが出来ます。静かな農村です。
 
Machanbaw

f:id:okome2016:20170413201223j:plain

市内からバイクで40分ほど。川にかかる橋とラウワン人の人々の村が織りなす景色が美しいです。
また、道中の山々に囲まれた大草原も行きを飲む美しさです。
 
Nat Jawng

f:id:okome2016:20170413201555j:plain

Machanbawからバイクで道なき道を1時間ほど進み、小舟に乗り換えて訪れてやっと訪れるができるのがこちら。

f:id:okome2016:20170413201409j:plain

中州に特徴的な形の石が並び、自然の造形の素晴らしに感動します。水も冷たく澄んでいます。ちなみにビルマ政府が勝手に立てパゴダはカチン人には大不評。

f:id:okome2016:20170413201304j:plain

 
その他の村など

f:id:okome2016:20170413201431j:plain

密林が覆い被さる山々と、川が織りなす景色の雄大さは写真では全く伝えることができません。

f:id:okome2016:20170413201512j:plain

Putaoから2マイルほどの郊外の村。まっすぐに降り注ぐ強い日差しを屋内でやり過ごしながら、どこからか聞こえてくる讃美歌に耳を澄ましたとき、本当に幸せな気分になりました。クリスチャンではないのですが、神様に祝福された土地があるとしたらここもそうなんじゃないかと。
 
 
Putaoは人と自然が織りなす景色がまるで絵のように美しかったです。残念ながら、写真ではその素晴らしさがまったく伝えられていません…。
私は、絶景と呼ばれる場所には2つあると思っていて、一つは実際にみるよりも写真で見たほうが美しく感じられる場所。もう一つは、写真ではその魅力を完全に伝えることが出来ない場所。Putaoは間違な後者です。
目で見るだけでなく、鳥のさえずりや川の音、木々のこすれる音を聞き、澄んだ空気が運ぶ森の匂いを嗅ぎ、肌で風と日差しを感じて始めてその魅力がわかる、そんな場所がPutaoです。
 
自然を愛する方や都会の喧騒につかれた方、またはパゴダや濁流の運河にやや飽きつつあるミャンマーフリークの皆さは、ぜひ一度訪れてみてください!