読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま寄り道中

カチン・ミッチーナの備忘録

ミッチーナからマンダレーまで夜行(?)高速バスで行ってみた。

こんにちはおこめです。

年末年始は、ミッチーナからマンダレー昆明麗江に旅してきました。旅路を振り返りつつ、役にたつかもしれないかもしれない情報を載せてみます。

 

先月の22日にミッチーナからマンダレーまで夜行高速バスを使って訪れました。

 

バスの簡単な概要。

ミッチーナバスターミナル利用。場所は下記ツイート参照。

 


IKBZというバス会社を利用。
11:00ミッチーナ発で明朝5時ごろマンダレー着。(およそ18~19時間)
値段は22300Ks。時期や乗る人の数によっても変化するのかも。
車内は4列。座席自体は軟らかいけどやや狭い。ブランケットが座席につき一枚ついている。
配布物は水(1L)とウエットティッシュ
トイレはありません。


f:id:okome2016:20170110224208j:image

 

ミッチーナのバスターミナルは客引きなのかなんなのか、入るとお兄さんやおじさんがワ~っと寄ってきて若干怖い。
そもそもターミナルというより、とりあえずバスが集まってるよ!感がすごい。


f:id:okome2016:20170110224145j:image

寄ってきた人をテキトーにいなしながら、マンダレー行きたい旨を伝えて案内されたのがIKBZの受付窓口。

 

外国人はパスポートを見せる必要があるみたいです。
ちなみに、出発前にトイレ済ませようと思ってIKBZのお兄ちゃんに聞いたら明らかに人の家?みたいなトイレに連れて行ってもらったので、もしかするとトイレ設備は整ってないのかも。

 

そんなこんなで定刻より遅れてバス出発。

揺れは思っていたよりもひどくない。ミャンマーの悪路を走ってるにしてはかなりましかも。

出発時間が11時ということで、13時過ぎごろに昼食のため停車。味はう~ん。


f:id:okome2016:20170110224243j:image


値段はたまたま近くに座っていたおばちゃんと二人で会計して2000Ks。まぁいいかな。

 

ちなみにトイレ&食事(朝晩)でおおよそ5回ほど停車します。

 

夕ご飯食べるまでは、わりと元気でなーんだ全然大丈夫じゃん!って思ってたんですけど、夜になるにつれて気温が下がり車内が寒くなってきて、そこからがしんどかった…。

 

そしたら一緒にご飯食べたおばちゃんが、後ろの座席に行こう!空いてるから横になれる!って引っ張って行ってもらったんですけど、おばちゃんよ、おばちゃんは150センチないくらいだからそうなのかもしれないけど、私は横にはなれないよ…。そして、明らかに運転手の方々が交代で寝るようにとってあるスペースでは…。

 

そんなこんなでマンダレー着。
寒いし、暗いしで、バス会社のおじさんが2000Ksでホテルまで送って行ってくれるとか言うので乗っけてもらう。(この時点でマンダレーバイタクの相場はわからなかった)


しかし、おじさん、同じところを2回も3回も通って時間を稼ぐとかセコイ真似しなくても、私は2000Ks払うよ…だいたい、遠回りするならもう少し工夫してくれ…右折続きだし、ナイロンホテルの看板はかなり目立つんだ…。

 

そんなこんなでホテル到着。案の定というか、2000Ksって言っていたおじさん4000Ksとかいうんで、引きつつも「Just 2000Ks (ニッコリ)」と言って支払ったら、なんかへらへら笑いながら帰って行きました。

 

結論。バスは寒い。防寒対策をしっかりと!日本の夜行バスはもう無理な人はおとなしく飛行機のろう!