読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま寄り道中

カチン・ミッチーナの備忘録

マンダレーから昆明に向かおうとするも、搭乗便欠航の憂き目にあう

こんにちは、おこめです。
年末年始、ミッチーナからマンダレー昆明麗江と旅をしてきました。
今回はタイトルそのままで、マンダレーから東方航空て昆明に行くまでの波乱について。

 

まず基本情報として市内から空港までのアクセスについて触れておきます。

マンダレー市内から空港までは、公共交通はありませんので、タクシー利用することになるかと思います。わたしはホテルに送迎を頼み、12000ksで空港へ。


所有はおよそ1時間弱(午前7時ごろ出発し8時前着)。
距離的にバイタクではなくタクシーを選ぶことをお勧めします。

さて、時間に余裕をもってマンダレー空港到着。ここまでは順調そのもの。このまま昆明に何事もなくつけるといいなぁと思いながら空港のセキュリティーゲートを通ろうとしたら、ここでトンデモない事実発覚。
「朝の昆明行きは飛ばないよ。航空会社に電話してみて~」

 

なんとなんと、空港についてから午前10時発の東方航空の便が欠航になっていることを知る…。 

 

予め結論から言っておきますと、「午後の便に変更」となりその日のうちに昆明に行くことが出来ました。めでたしめでたし。

 

しかし!その答えに行きつくまでが大変で、マンダレー国際空港内を1人ドタバタするハメに…。

 

まず、マンダレー国際空港の概要少し触れておくと、国際空港といいつも2階建てでこじんまりした佇まい。主に国内線利用者向けに作られてる感じです。
公式サイト:https://www.mandalayairport.com/

 

無論?空港無料WIFIなどという便利なものなどもない。
一応、2階出発ロビーにあるカフェは飲食者は無料でWIFIを使えるみたいなんですが、私が利用したときはインターネットに繋がらないという残念仕様…。頼みの綱のooredooのモバイル回線もなかなか繋がらない始末。(再起動したらなんとか安定しました)

 

チェックインカウンターで相談しようにも、有効なEチケットを持っていないと、そこにたどり着く前にセキュリティを通ることが出来ない!

 

とにかくEチケットに記載していた連絡先に電話をかける。しかし、ooredooの携帯からは東方航空のデスクに通じず、一応日本の携帯電話番号からかけるもこれまた繋がらず。

 

もうどうしようもないと、1階のインフォメーションカウンターに相談すると、やはり航空会社に電話かけろとのこと。(ちなみにここのインフォメーションのおばちゃんは最後に1000Ks でいいよとか言います。有料かよ!)

 

バイルネットワークがおぼつかない中、なんとか東方航空の各支店の電話番号が掲載されているページにたどり着く。
中国東方航空について

ここの「brunch office international 各営業所 国際を開き、Mandalay支店の電話番号ゲット。

 

f:id:okome2016:20170113205507j:plain

そこから、マンダレー支店に電話をかけて”午後の便に変更になった=今日中に昆明につける”ことが判明。対応してくれた方もいい感じで、英語も聞き取りやすかったので本当によかったです。また、もしミャンマーの電話番号を持ってなくても、公衆電話かインフォメーションで掛けることが出来ると思います。


そして、Eチケットもオンラインで確認できるようになってました。これがないと空港セキュリティーのおじさんたちがちゃんと事情を理解してくれない可能性もあるので、本当に良かった!

 

一安心したところで、空港1階のカフェでうだうだ時間をつぶしました。ここはポットの中国茶が1000Ksという空港としては謎の安さなのでおススメ。

 
教訓。航空会社の電話番号は日本語対応デスクやコールセンターだけでなく、現地オフィスの分もしっかり控えておくべし!